google-site-verification: google3e8ec85e5b518742.html

Redirectionのプラグインに救われました。反省です。

目安時間 15分

初めまして、hirokazuのブログへの

訪問ありがとうございます。

 

今日はここ数日で私が失敗した

WordPressブログの設定について

お伝えしてみます。

 

その失敗というのは

ブログの住所とも言える、

 

URLを何気なく変更してしまい

 

(ナニを考えての事で操作を?!)

 

投稿した記事がGoogleの検索エンジンに

ヒットするも、ページを開いたら、

 

「ページが見つかりません」

 

というメッセージが表示され、

ページの記事が表示されない

というものです。

 

当然ですよね。

なるべくしてなった結果です。

反省です。

 

URLを変更しようと思った理由は?

 

 

以前から何となく私が運営する

WordPressブログ(こちらのブログです)

の「パーマリンク」に違和感があり

ました。

 

 

パーマリンクを見た時にカテゴリーのみ

「アルファベットや数字」ではなく

日本語になっていました。

 

ブログの運営当初は何も気が

付かなかったというか

意識してなかったのですが、

 

TwitterなどにブログのURLを

貼り付けると、

 

長い文字で何かよくわからない

文字列になっていました。

 

「どうにかしたい」と思いながら

なんとなく後回しにしていました。

 

気になったら、すぐ行動したい

ものですね。

 

短絡的な行動で、ブログが致命傷の状態になりました。

その後、記事を投稿していくうちに、

「そろそろ対処しないと」

と思い下調べをしなくて

(これが一番問題)

 

単に「パーマリンクのURLを変更」

してしまいました。

 

それも、ほぼ全ての記事で、

60記事以上に対して手動で入力を

して変更しました。

 

内部リンクに対しても変更を

加えてしまい被害拡大です。

 

 

なぜ?もっと慎重にならなかったの?

 

漠然と安易な考えにより、ブログや検索エンジンの仕組みの事を考えていませんでした。少し考えたら普通にわかる事ですが、意識が不足していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

パーマリンクを変更後、

検索エンジンにインデックスされている

記事が表示されなくなりました。

 

無いですよね。。。

有り得ないですよね。。。

 

せっかく上位表示されている記事も

あったのですが。。。

 

検索エンジンでURL変更について調べました。

 

 

今更ですが、Googleの検索エンジンで、

URLを変更する事について下調べを

しました。

 

 

今のブログの状況を考えて、どの方法の復旧がいいのか対策のヒントを見つけてね。

 

早速、調べてみます!

 

 

 

そして検索しているうちに、

 

301リダイレクト」の対策が必要で

ある事が判りました。

 

301リダイレクトとは?

301リダイレクトとは、ブログのURLを

変更したりする時に古いURLのぺーから

新しいURLのぺージへ、

 

変更前の検索エンジンの評価を

引き継いで転送してくれるもの

 

となっています。

 

301リダイレクトでの転送は永久的に実施されます。

 

ちなみに302リダイレクトですが、

こちらは一時的な転送になるようです。

 

設定を実施する方法はどうする?

調べてみると、幾つかの方法がある事が

わかりました。

 

・サーバー側で設定する方法

・プラグインで設定する方法

 

私は比較的にすぐできるWordPressの

プラグインのRedirectionを使用する

事にしました。

 

 

WordPressのプラグインでRedirectionとは?

 

WordPressのプラグインの

「Redirection」とは、

301リダイレクトの知識がさほど

なくてもすぐに設定を有効化して

使用ができるそうです。

 

ありがたいですね。

 

いざ、ページの復旧に向けて

再スタートです。

 

 

私は、何も知識はありませんでしたが

何とか必要な設定はできました。

 

(転送ルールだけ使用してます。)

 

実際は、

そのプラグインについては

一部の機能しか利用できていません。

 

その他の機能はよくわからないのが

実情です。

 

理解していない機能は触らないに

かぎります。

 

 

Redirectionをインストールして設定しました

ここでは私が設定した内容について

お伝えしてみます。

 

私も設定については、詳しく

わかりませんのでサラリと

軽く読み流してもらえればと思います。

(あくまでも私の場合の設定です)

 

Redirectionをインストールします

WordPressのプラグインの検索窓で、

Redirectionを検索してインストール後、

有効化をします。

 

設定をします

Redirectionのプラグインの設定を開き

「セットアップを開始」

クリックします。

 

 

基本セットアップをします

チェック項目の、

・WordPressの投稿と固定ページの

パーマリンクの変更を監視。

 

・すべてのリダイレクトと

404エラーのログを保存する。

 

にチェックをいれます。

 

 

2つのチェックをすると、

3つ目のチェック項目があらわれます。

 

・リダイレクトと404エラーのIP情報を

保存します。

 

にチェックをします。

 

その後、「セットアップを続行」を

クリックします。

 

 

基本セットアップ完了です

 

 

既存のリダイレクトをインポートします

 

こちらは英文表示です。

何を書いてあるかわかりませんね。

 

 

 

マウスの右クリックで日本語に直しました

のが以下の画像です。

 

 

 

次をクリックします。

オプションの転送ルールの画面です

転送ルールを確認して、下部の画面の赤ワクで

囲んいます更新をクリックします。

 

 

 

 

 

 

更新をクリックすれば

転送ルールの設定がおわりです。

 

管理画面の転送ルールをクリックします

転送ルールの最下部に、

「新しい転送ルールを追加」

がありますので、こちらでURLを

転送するように操作して使用ます。

 

 

ソースURLには、

転送前の元のURLを入力します。

(コピーして貼り付けます)

 

 

次にターゲットURLには

現在のページのURLを入力します。

(転送するURL)

 

 

 

ソースURLターゲットURL入力後

赤ワクの「転送ルールを追加」をクリックします。

 

 

 

転送ルールを追加をクリックすると

古いURLから新しいURLに転送ルールが

適用されて、301リダイレクトが

完了します。

 

301リダイレクトの履歴が記憶されます。

301リダイレクト完了後に、

操作したページの履歴が記憶されます。

 

 

 

 

無事に新URLで記事が表示されました。

ここでは、Redirectionの301リダイレクト

を設定する前後の状態をサンプルとして

残しておきます。

 

<設定前>ページが表示されませんでした

 

赤ワクのアマアドの実践に挑戦する

hirokazuの体験記(4)ワードプレス

の記事が検索結果にヒットしています。

 

記事タイトルを

クリックしてページを開くと、

 

 

「ページが見つかりませんでした。」

と表示されました。

 

ブログの記事のページは

記事が何も表示されていませんが、

 

 

ドメインは変更していないので、

ブログ自体はページが表示されます。

 

メニューのサイトマップでは

記事を見る事ができましたが、

URLの変更後の直リンクなので見れて

当然ですね。

 

 

 

これは悲しいです。

背景の緑がきれいですね。。。

 

 

 

<設定後>ページが無事に表示されました

Redirectionの301リダイレクトを

設定した画像が以下になります。

 

赤ワクの表示が、変更したURLに変わり

ページが表示されました。

 

 

 

Redirectionの301リダイレクトに

救われました。

 

ありがとうございます。

 

 

ページが表示されてよかったね!

 

助かりました。今後は気を付けたいと思います。

 

 

 

まとめ

今回の件は、反省です。

 

そもそもになりますが、

URLの事で悩む前に、WordPressの

ブログの初期設定で「パーマリンク」を

希望する設定にしておけば何も問題は

なかったはずです。

 

たくさんの時間と、作業が必要となりました。

 

ほとんどアクセスの来ない記事も

たくさんありますが、それでも

極力、可能な限り元の状態まで

戻したくて作業しました。

 

無駄な時間を過ごしてしまいましたが、

ポジティブに考えるようにして、

 

今後は私が別のブログを始める時に、

このような事態にならない為の

教訓として、

 

こちらのブログに記事として

残しておきました。

 

後に笑える話になれば、それに

こした事はありません。

 

現実の話でもそうですよね。

 

引っ越しをする時は、

郵便局に新しい住所に郵便物の

転送依頼の手続きをしてから

引っ越しますよね?

 

半年間は元の住所に届いた郵便物を

転送してもらえるサービスです。

 

今回のブログのトラブルも

同じようなものですね。

 

引っ越し先の住所(URL)をサーバーに

教えていませんでしたから。

 

 

最後までお読み頂き、

ありがとうございます。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
アマアド
モッピー
有名インフルエンサーも使っている♪手軽に副業するならモッピー
マクロミル
ahamo
hirokazuのプロフィール

初めまして、hirokazuと申します! 私は会社に勤めながらインターネットを通じて、ポイントサイトでお金が稼げる体験をした一人です。

 

こちらのブログでは、ポイントサイトを利用した私の経験から学んだ事やポイントサイトからステップUPしてアンケートモニターなどを実践した話、またお得な情報などを紹介して行きたいと思います。

hirokazuの詳しいプロフィールはここちらです。       ↓

hirokazuのプロフィール

人気ブログランキングへ    参加中です!
私のブログの記事が、あなたのお役に立てたと思われたら、 応援のクリックをお願い致します! 人気ブログランキングへ
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿
カテゴリー